2019年

劇人形アルバム



ドン・キホーテ
1962年から約一年間あまり全国の高校巡回、各労組の催事などに呼ばれ、ざっと100回近くの上演を果たした。

101 102 103 


世界初のアバンギャルドな人形劇はそれなりのインパクトをプロ仲間にも与えたようで、旅先の公演地に主だったプロ人形劇団の先輩たちが観劇に訪れ、討論の場に招待され、それまでほとんど無名だった若者たちの人形芸術座は、少し名を知られることになった。




プロのふりして本物のプロへ

時間を少しさかのぼって1956年。私が人形劇の人形をつくるきっかけになったある出来事が起こります。

この年、大阪テレビ(OTVが開局します。全国からプロの人形劇団をユニットで出演させる世界名作ポケット劇場が始まる、というニュースを耳にしました。

当時、神戸に神戸小劇場というサークル劇団があって私もそのメンバーでした

劇団には
人形劇の経験者など一人もいなかったのですが、私たちはさも人形劇のプロ集団のようにふるまってオーディションを受けることになりました。

舞台美術の担当者だった私が、全く経験もないのに、当然のように人形を作ることになり、童話に詳しいということで脚本、演出も任された。

このような無茶をやってしまう若い劇団だった。


111

112 113 114

116

117 118

119 1110

オーディションの結果は大好評で、月に115分の番組ローテーションで出演が決まった。生放送である。

貧乏劇団は定期収入が確保されたので、大歓声を上げたが、すべては私の肩に掛かってきた。それまで人形劇団など覗いたこともなかった。私の人形劇メソッドは、大好きなイジー・トルンカと手塚治虫をイメージして始めるしかなかった。

手探りの劇人形作りは待ったなしだった。なにしろナマ番組だから失敗してもそのまま放送されてしまう。緊張の徹夜作業が続いた。もう後に引けなくなっていた。ポケット劇場は一年と少し続いたが、その間、作った人形は200体を超えていた。

115 


劇団から人形劇部門を独立させ、人形劇専門劇団にしようという提案が出された。
技術的にもプロの人形劇団員と呼ぶにふさわしい人材が育っていたし、彼らもまた職業専門家として生きていきたいと願い始めていた。運命の針が動きだした。


テレビで得た資金をもとに劇団神戸小劇場の創立者が書き下ろしてくれた作品、木こりのペールと魔法の笛を完成させ全国ツアーに船出した。名称は劇団神戸人形劇場とした。

121

122_2 123_2

124 125

126

127 128

129

木こりの少年が仲良しの動物たちと力を合わせて、お城の大臣や家来たちから森を守るという物語は、子どもたちの大きな反応があり、それに押されたように先生たちやPTAの支持が全国へ広がっていった。

好評に乗っかって経営的には安定したが、何かもっと新しいことが欲しかった。

小さな作品を何本か試みた。

131

132 133

134 135 136

137 138

139 1310

人形劇にしかできない表現
ってなんだろう?人形の造形にも新しい何かが求められている気がした。

 

若者多くして劇団東京へ上る


神戸から劇団ぐるみ東京へ引っ越した。引っ越しの理由は重要じゃなかった。あえて言えば若さのせいか。若者たちはカバン一つで劇団のトラックには人形や道具を積んだままで東京に向かった。みんな独り者だったし身軽だった。一年中旅に出ていたせいもある。本拠地が何処でも変わりなかったのだ。


名称を人形芸術座に変更した。作品の内容も、今までになく何か飛躍的なことがやりたかった。観客対象も中学生以上の大人にも見てもらいたかった。未知との遭遇経験になるが、受けてたつ覚悟が必要だった。

その最初の作品がドン・キホーテだった。



前衛インパクトから大人の人形劇へ

ドン・キホーテで新しく開拓した観客層にインパクトだけでなく真の娯楽として大人の鑑賞に堪える作品をと、木下順二作の三角帽子を選んだ。

141

142 143

144 145

146_2 147

148 149

1410 1411

1412 1413

1414 1415

ドン・キホーテでは人形劇独自の表現が面白くて、夢中で追い求めたが、今回は逆に書かれたセリフを一字一句変えずにやって見ようとプランを立てた。生身の役者の演技を想定した戯曲だが磨かれたセリフは、人形たちのセリフとしても完成度を増していった。バレー用に作曲されたフェリアの音楽も、舞台のイメージが想定されているので心地よく演出が出来た。観客動員数はドン・キホーテを上回った。




人形美術はラストステージへ


おとなに人形劇を観てもらいたいという悲願は達成されたが,子どもたちに観てもらうのも本来の仕事だった。しかし、私には切り替えの時間が必要だった。少し疲れてもいた。

さいわい肩代わりして引き受けてくれる演出家が現れた。作品はセルゲイ・ミハルコフ作、うぬぼれ兎

151

152 153

154 155

156

157

私は初めて美術に専念することができた。私は張り切って原寸大のデザインを描いた。今まではイメージするだけで直接粘土彫塑に入っていたのだった。人形作りに専念!私は未経験のような充実感を楽しんだ。


そしてこれが私の最後の人形美術となった。





しばらくして私は、
人形劇団ひとみ座から作・演出家として招聘を受けた。人形美術家として最も尊敬する片岡昌先輩が、人形に関するすべてを引き受けてくれることになった。

人形づくりから解放された私は、作・演出に専念できるのが何よりもありがたいと思った。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

人形芸術座のドン・キホーテは前衛劇だった。

その昔、人形芸術座という人形劇団がありました。そこで人形作りに取り組んでいた頃があります。

その頃の古い人形アルバムがドッサリ出てきました。古いフイルムや写真ですから痛みや汚れもかなりすすんでいます。3Dで再現し保存しておこうと思いたち、Zbrushという3DCGソフトを使って粘土造形の感触を懐かしく思い出しながら作業に取り組んでいます。

ほとんどがモノクロの古ぼけた写真ですが、古い昭和の劇人形に興味をお持ちならうれしい限りです。。

Intro_2

 

 

 人形芸術座のドン・キホーテは前衛劇だった。

 

私たちの人形芝居ドン・キホーテは、おそらく世界で最初の前衛的人形劇だったと思います。

1_5



当初、企画されたドン。キホーテはファミリーと子供たちに向けた世界名作のダイジェスト版でした。



ところが参考として読んだルナチャルスキーの戯曲、解放されたドン・キホーテ
のロシア・アヴァンギャルドの現実参加性にすっかり打ちのめされてしまったのです。人形劇でもこんな芝居をやりたい!



2_1 2_2



日本でも軍国主義の復活が騒がれ始め、それに抵抗する運動も始まっていました。生きた人間を人形化するには当然制約がある。それを逆手にとり、ドン・キホーテは肉体を持たず、空っぽの鎧に騎士道という時代遅れの精神だけが充満して動いている。そんな設定にした。



主役の人形のイメージが決まると、少し前衛劇らしくなった気がした。


3_1 3_2_2



風車に戦いを挑むドタバタ劇の滑稽さが逆に村人たちに恐怖を与え、古い騎士道精神が村人たちをマインドコントロールしていく。激しいアクションはシチリア島の伝統人形劇に倣って本当に人形同士が力一杯激突できるようにした。

ドン・キホーテには本物の薄い真鍮板を張り付け、


4_1 4_2 4_3


他の人形たちも当時まだ製品化される前のプラスティック溶液を、開発工場に頼み込んで試用させてもらった。粘土の造形から石膏型を取り、プラスティックを流し込んだ。ずいぶん頑丈に仕上がり重量もハンパではなかったが、激闘には耐えた。

写真の人形たちが襤褸を引きずっているように見えるのは、写真が古いだけではなく、舞台上の激闘の結果なのです。


5_1_2
人形劇の小道具は大きさの関係からほとんど実物は使えない。すべて作り物になる。写真と一緒に小道具付帳の一部が出てきたが、まあなんと、ドン・キホーテの小道具の多いこと。その方が演出上、人形のアクションを面白く見せられるからだが、脚本と演出とを兼ねていると、どうしても美術制作に遅れが出てくる。初めから計画しておくと楽なことが、ギリギリになってからでは七転八倒の騒ぎとなる。人形の帽子を忘れていた!





5_2
5_3 5_4

6_1

消耗の激しい衣装はプラスティックボデイに直接貼り付ける方法をとったが、厄介なのは帽子でした。スペイン

の気候風土から当時の男性のほとんどが帽子を被っていたのですが、衣装と同じように一体化して作ってしまうと、被ったままで挨拶することになり、また、長く続く室内シーンなどでは脱がないのは不自然に見えます。布で作ると型崩れや傷みに耐え切れません。何か、堅牢で、加工に手間がかからず、しかも軽量で・・と、考えたらありました!





71_472_4


アルミの灰皿です。あの頃、捨てても良いような古いものが何処にでも転がっていました―
今も私の手元にあります―あっという間に必要な数がそろいました。これを逆さまにすると、人形の大きさにピッタリでした―今でも裏返すと帽子に見えてきます―加工もペンチ一本で自由自在。あとは布を張るだけで完成!


8_1 8_2
8_3_2 8_4_2


 

(とりあえず今回はここまで、ありがとう!)



9



| | コメント (2) | トラックバック (0)